JAICの14つの強みと20代フリーターにオススメしたい理由
 
転職女子が20代のフリーターに3番目ススメしている転職エージェントは「JAIC」です。
 
たくさんある転職エージェントのオフィシャルサイトを調査したり、実際に活用したことのある方から情報をもらったりして私なりに色々調べてみたところ、「20代のフリーター」が転職活動に活用してもらいたいのがJAICでした。
 
転職エージェントはインターネットで調べれば、ここの転職女子のサイトではなくても、たくさん目にすることはできるでしょう。
 
そのくらい、転職エージェントを必要として注目している人が増えていることだと思いますし、今もまさにそうですが、これからの時代、働き方を模索される人が多くなっているからです。
 
昨今は「ワークライフバランス」という言葉が浸透し、生き方の質を模索している方が増えているように感じています。
 
ワーク・ライフ・バランス(英: work–life balance)とは、「仕事と生活の調和」と訳され、「国民一人ひとりがやりがいや充実感を持ちながら働き、仕事上の責任を果たすとともに、家庭や地域生活などにおいても、子育て期、中高年期といった人生の各段階に応じて多様な生き方が選択・実現できる」ことを指す[1]。
引用:wikipedia
 
今後はますます、仕事と生活の両方を充実させた生き方を模索する時代になっていくはずでしょう。
 
そうなると、生活を充実させるためには「自分らしく働くこと」は必須だと思うのです。
 
逆を言えば、自分の適正に合っていて、伸び伸びと長く働ける仕事は、自分の人生をより充実させることに繋がっていきます。
 
もちろん、「仕事=会社」だけではありませんので、会社に属した働き方だけが全てではありませんし、もしかしたら将来は「独立」を視野に入れている方もいるかもしれないですよね。
 
しかし、「20代・フリーター」で、まだ社会経験が少ない方にとっては、様々な世代の中でコミュニケーションを図りマナーを身につけ、組織という枠で社会を知ることは、自分が思っている以上に大きく成長させてくれるものだと、転職女子が実際に会社に属した働き方を経験してきたことだから分かるのです。
 
ただし、どんな会社でもいいわけではありません
 
精神的にも身体的にも病んでいくようなブラック企業は以ての外です。
 
自分に適している仕事だったり、職場の雰囲気が和やかだったり、福利厚生が整っていて社員をきちんと守ってくれている企業を選ぶ必要があります。
 
そうして、会社の業績を上げることに貢献し、働くことで間接的にでも何かしらの社会貢献ができていたりと、自分の役割を果たすことで成長できるような企業で働くことは、自分にとっても企業にとっても大きな利益を生み、結果的にお互いが成長できる関係になれると、とても上質で健全な生き方だと思うのです。
 
その重要な転職を、今、自分が行おうとしているなら、何となく始めるよりも、転職市場を熟知しているプロにアドバイスをもらいながら、自分の理想とする生き方を叶えていきませんか?
 
この記事では、転職女子がオススメする転職エージェントの第3位「JAIC」がなぜオススメしているのかをお伝えしていきます。
 
今まさに、働き方だけではなく生き方も含めて仕事を変えていこうと考えている方や、転職エージェントはどこに頼もうか迷っている方、絶対に優良企業で働きたい方などを含めて、この記事を参考にしてみて下さい。
 
「JAIC」のサイトを見ていただいてから、以下の記事をご覧になると理解が深まると思います。

 

JAICの11の強みについて

JAICの11の強みについて

  1. 34歳までになっている
  2. フリーター・未経験・既卒・大学中退者も正社員の仕事しか紹介しない
  3. 就職率は80.3%
  4. 就職支援者は14,000人以上
  5. 入社後の定着率90%以上
  6. 企業選びから就職後までサポート
  7. 外食・投資不動産・アミューズメントなどの離職率が高い業界は紹介しない
  8. 全て担当者が実際に企業訪問したホワイト企業しか紹介しない
  9. 厚生労働省委託による職業紹介優良事業者に認定されている
  10. 全て無料で活用できる

1.34歳までが利用できる

JAICでは34歳までが活用できる転職エージェントです。
 
転職女子が20代の頃、「30代を超えたら条件の良い企業に転職をするのは厳しい」と、年上の友人や知人がそう言っていましたが、今、私が感じるのは、転職も厳しいのかもしれないけれど転職エージェントにさえ登録が出来ないことがあるから、転職活動はその人のタイミングでも左右されやすいものだと言うことです。
 
もちろん、転職エージェントを活用することだけが成功の秘訣ではありませんが、より多くのチャンスと巡り会うためには、自分で探すだけではなく、紹介という手段も視野に入れて良いと思うのです。
 
しかし、その手段さえも、期限が付いています。
 
今、34歳で転職活動に興味が湧いてこの記事を見ていたとすれば、大きなチャンスと巡り合ったのかもしれませんね。

2.フリーター・未経験・既卒・大学中退者も正社員の仕事しか紹介しない

JAICでは、正社員の仕事だけ紹介されます。
 
求人情報誌を読んでいると「フリーター・未経験可」の文言はたくさん見かけますが、給料が低かったり正社員ではなかったりと、条件的には自分が希望としている求人は少なかったりしませんか?
 
実際に、転職女子が転職活動をしていた時、正社員を募集している求人には、四年生大学を卒業していることを条件にされている場合が多かったです。
 
もちろん、「フリーター・未経験可」の求人もありましたが、契約社員が条件だったり給料が10万円前後なことが多く、仕事がないよりも良いのかもしれないけれど、先のことを考えると不安しかありませんでした。
 
自分には何もないからと言って、雇ってもらえるように条件を狭めて自分の価値を自分で下げてしまうよりも、フリーターで未経験であっても、仕事の意欲だったり人柄や適性をきちんと評価してもらえる環境に身を置くことは重要だと思うのです。

3.就職成功率は80.3%!

80.3%の方が正社員として転職を成功させていますが、この数字をご覧になってどう思いましたか?
 
実は、ハローワークを活用して就職を成功させた方よりも高い数字を誇っていることが分かりました。
 
 
 
上記より、わかものハローワークの求職者数がおよそ21.8万人、就職件数はおよそ10.1万件なので、就職率はおよそ46%になることが分かります。
 
この数字からは年代別でどのくらい差があるのかは分かりませんので、もしかしたら、20代はもっと高い就職率で他の年齢は低く44%になったのかもしれません。
 
しかし、分かっていることは、20代だけに特化しているJAICを活用している方は、80%以上が正社員で転職に成功出来ているということです。
 
もちろん、JAICを活用すれば100%全員が正社員になるのは難しいのかもしれませんが、絶対に正社員として転職するという意気込みを持って活動に励めば、自分が80.3%に入る可能性も高くなると思います。

4.就職支援者は14,000人以上

JAICは15年に渡り、14,000人以上の方を支援してきました。
 
社会情勢が困難を極める中、冒頭に書いた「ライフワークバランス」という、生活と仕事の両方の質を見直す人が増え続けています。
 
そうなると、仕事に対して求める質が変化し、時代の流れや風潮とともに臨機応変に対応されてきたと思います。
 
14,000人以上の要望や希望を考慮しながら対応してきたノウハウをもとに、JAICならではの転職支援が受けられるはずです。

5.入社1年後の定着率94%!

 

転職女子転職女子

私は離職せずに定着率が高いこの部分が大事だと思います!

JAICから転職を決めた方の入社1年後の定着率はおよそ94%で、離職せずに働いております。
 
仕事をすぐに変えることなく、1年間定着して働ける環境を支援してもらえたことと、本人もきちんと自分の将来を見据えた仕事を選べる選択肢を持てたことで、高い定着率をキープ出来ているのでしょう。

6.企業選びから就職後までサポート!

転職エージェントを活用するメリットは、何と言っても仕事が決まるまでサポートをしてくれることだと思います。
 
転職女子が「20代・フリーター・未経験」の肩書で転職活動をしていた頃、この肩書しかない私でも転職先を見つけることができるのだろうかと、不安な気持ちを持ったまま誰に相談していいのか分かりませんでしたし、求人情報は全て自分で探すしかありませんでした。
 
就職は超氷河期と言われていた時代なこともあり、職安に行って求人を探しても「倍率が高いから経験者ではないと厳しいかもね」と言われてしまう始末。
 
転職は自分で思っているほど簡なことではありませんでした。
 
だからこそ、キャリア相談を気軽に出来て、転職支援を受けれる環境に身を置けるチャンスがあるなら、思い切って活用してみてもいいと思う次第です。

7.自分に合う仕事を探してくれる

自分の長所や短所を含めて適性が分からないのなら、自分にどんな仕事が合うのか分かる方が難しいと思いませんか?
 
それに、ただ正社員になれれば良いというわけではありません。
 
精神的にも体力的にもキツくなくて、長く働ける仕事に就くことが、目的の一つだと思います。
 
そのためには、自分の適正を知ることも大事なことなので、アドバイザーによるキャリアカウンセリングを通して、自分の資質やこれまでの経験などを客観的に見直してもらいながら、どんな職種が向いているのかなどを教えてもらい、自分に合う仕事を探していきましょう。

8.履歴書の添削と面接対策をしてくれる

インターネットや参考書などを活用すれば自分で対策することは出来ますが、その履歴書を見て会ってみたいと思われるのかを客観的に考えた時に、どうでしょうか?
 
また、面接官の質問の受け答えは、質問に沿った答えをきちんと返せそうですか?
 
転職女子が会社員だった頃、面接官をしたことがありました。
 
質問自体は難しいことは聞いてはいないのにもかかわらず、意外と質問の趣旨から外れた受け答えをしてしまう方が多くて、ビジネスの会話は場数が必要なのかもしれないと思った次第です。
 
JAICでは面接対策を行ってくれるため、話し方の癖を指摘してくれたり、企業ごとに想定される質問も教えてくれると思いますので面接対策に励んでみて下さい。

9.ビジネスマナーを身につけられる

JAICではビジネスマナーも身につけていけます。

20代であれば社会人の立場として振舞う必要がありますが、今までビジネスマナーをあまり必要としない生活を送っていた場合、転職活動中に身につけることを意識してマナーを習得しておきましょう。
 
ビジネスマナーが備わっていると、仕事も含めて自分自身の評価につながります。
 
転職エージェントは求人先を紹介してもらうためではなく、自分を磨くことのできる環境を提供してもらえる場所だと思いませんか。

10.就職後も相談に乗ってくれる

実際に働いてみると、慣れない環境で不安や心配事が多くなり、精神的に疲労してしまうことが考えられますよね。

JAICでは、入社1ヵ月後、3ヶ月後、6ヶ月ごとフォロー研修を用意していますので、一人で悩みを抱えずに気心知れたアドバイザーへ、相談を含めて本音を伝えられる人がいるだけでも気持ちがリセットできて、不安なども解消できると思います。
 
転職エージェントは仕事を紹介するだけではなく、社会人としてはまだ日が浅い若者の、良き理解者となってくれるはずです。

11.外食・投資不動産・アミューズメントなどの離職率が高い業界は紹介しない

厚生労働省の平成29年雇用動向調査結果の概要によると、宿泊業・飲食サービス業が最も離職者数が高い傾向だと発表されています。
 
産業別の入職者と離職のグラフ
 
 
JAICでは、離職率の高いと言われている外食・投資不動産・アミューズメントなどの業種は紹介していませんので、長く働ける仕事を希望している方にとっては、安心して相談できると思います。
 
ただし、紹介された仕事が希望している仕事とは異なる場合であることも十分考えられますので、キャリアカウンセリングを通して、アドバイザーに相談しながら業種を選択して下さい。

12.全て担当者が実際に企業訪問したホワイト企業しか紹介しない

JAICの担当者が紹介しても大丈夫な企業なのか実際に足を運び、職場の雰囲気や福利厚生が整っているのか確認した上で利用者に紹介しています。
 
どんなに有名な大企業であっても、働いてみたらとんでもないブラック企業だったら、何のために転職エージェントを活用したのか分からなくなりますし、エージェントも信用を失い兼ねませんよね。
 
転職希望者たちが真っ当な企業へ転職が出来るように努めていくのも、エージェントの役割の一つです。
 
転職エージェントを選ぶ際は、担当者が実際に足を運んで確認している所を紹介しているのかどうかも大きなポイントになるでしょう。

13.厚生労働省委託による職業紹介優良事業者に認定されている

職業紹介優良事業者に認定されている

JAICは、厚生労働省委託が決める「職業紹介優良事業者」に認定されています。 
 
全国に1万社以上ある職業紹介会社の中で、わずか48社しか「職業紹介優良事業者」に認定されていないため、とても信頼度の高い転職エージェントだということが伺えます。
 
インターネットの口コミサイトなどで誰が書き込んでいるのか分からない口コミを信じるのか、それとも、厚生労働省委託が認定している事実を信じるのか、あなたならどちらを選びますか?

14.全て無料で活用できる

これまでお伝えしたサービスは、全て無料で活用出来ます。
 
転職は自分だけで行っても、情報誌や履歴書、転職をするにあたっての参考書などを購入したり、ハローワークや面接会場などの交通費などがかかります。
 
もちろん、転職エージェントを活用しても、履歴書や交通費などの経費はかかりますが、ただし、個別で自分のためだけに転職に関するノウハウやサポートを無料で活用できる所を、転職エージェント以外に探すのは難しいかもしれません。

JAICを活用して転職を成功させるための一連の流れについて

JAICに登録する

ただし、20代までの方が登録可能となっています。

無料説明会に行く

JAICを活用して転職活動を行うのか、実際に話を聞いてみれる機会です。
 
会える機会が設けられているからこそ、一度相談がてら、雰囲気なを実際に自分の目で確かめたり、転職活動を始めるにあたり必要なことを教えてもらえますので、転職活動に不安がある方も気軽に相談しに行ってみて下さい。

就活講座を受ける

正社員として働くために必要な、ビジネスマナーやスキルなどを6日間で身につけていきます
 
未経験の人材を募集している企業であっても、社会人として必要最低限のビジネスマナーを身につけて置くことは必須です。

集団面接会を行う

JAICの担当者が実際に足を運んでみて問題ないと判断した20社以上の企業が参加して面接を行い、双方がマッチングしたら個別面接へ進みます。

個別面接を行う

転職エージェントが企業ごとに想定される面接のコツや傾向などに沿って、面接対策を行ってくれます。
 
ただし、個人面接まで進んだからと言って安心せず、自分の言葉で伝えられるように練習は必要です。

内定〜入社まで

内定が決まったからと言っても、入社の強制をされることはありませんので、自分の将来を考えて納得できる企業を選んで下さい。
 
また、納得した上で内定先を決めたら、入社前もJAICにて1日研修を受けられます
 
実際に働く前は不安などもあるかと思いますので、アドバイザーと連携をとって入社日まで備えていきましょう。

入社後のアフターフォロー

入社してから1ヵ月後、3ヵ月後、6ヵ月後のペースで、アフターフォロー研修を行ってくれます。
 
慣れない環境での仕事は、精神的にも肉体的にも疲労が大きいと思いますので、気心知れたアドバイザーへ相談して下さい。
 
 
JAICでは、ただ闇雲に仕事を紹介し、転職者の人数を増やすことで自分たちの利益になるようなことをせず、長年フリーターだった方や未経験の方が希望を持って正社員として転職先を決めれる環境を整えています。
 
人によって、研修があったり、集団面接を通ってからでないと個別面接に進めないから、時間がかかると思う方も中にいるかもしれません。
 
しかし、転職活動は半年か長くても1年くらいで終わるかもしれませんが、仕事は5年先、10年先、定年まで働く覚悟で臨んでいると思いますので、多少段階を踏んだとしても、一つ一つ確認していくことは決して無駄なことだとは思えないのです。
 
自分が納得した転職先を見つけるのは決して簡単なことではなないため、転職活動を丁寧に行ってくれる所を選択して下さい。

JAICのデメリットについて

JAICの所在地は、
 
  • 東京
  • 横浜
  • 大阪
  • 名古屋
  • 福岡
 
の、5拠点となっています。
 
主要都市に拠点は揃ってはいますが、他の地域には拠点を置いていないため、遠方の方にとってはデメリットになりそうです。
 
しかし、不定期ではありますが拠点以外の以下の地域で説明会を行っているようです。
 
  • 熊本
  • 金沢
  • 岡山
  • 札幌
  • 千葉
  • 仙台
  • 神戸
  • 広島
  • 大宮
  • 立川
  • 町田
 
不定期にはなるようなので、開催日などをお問い合わせしてみて下さい。

まとめ

転職活動に励んでいる

転職をする理由は人によって色んな事情があってのことだと思いますが、共通するのは「今よりもより良い人生を送るため」に、活動を開始するのではないでしょうか。
 
すぐに転職先が決まる人もいれば、1年以上かけても決まらない人も中には大勢います。
 
20代前半だった時の転職女子は、転職をどうやって進めていけばいいのかが全くわからなく、ハローワークに行って自分の情報やスキルを打ち込んでヒットした求人を眺めては「今よりもより良い人生を送るため」の仕事を見つけることは難しかったのを今でも覚えています。
 
もちろん、自分にスキルや突出した資格などを持っていれば、希望としている条件で仕事を見つけることは簡単だったかもしれません。
 
しかし、「20代・フリーター・未経験」な自分とマッチング出来るような仕事を探すのは、思っている以上に困難だったのです。
 
さらには、割と大きな企業の第二面接までに進み、あとは合否待ちな状況までになったのに、一向に連絡が来ないこともありました。
 
こちらから連絡をすれば良かったのかもしれませんが、大企業であっても体制が整っていない所はあることを、その時身を以て知ったのです。
 
だからこそ、自分一人で行うと本当にその企業の体制が見えて来なく、働いてもいない段階から振り回されてしまうこともあるため、転職エージェントがきちんと調査して優良企業だと分かった上で転職活動を行える環境を作ってもらえるのは、自分を守る上でも必要なことであり素晴らしい仕組みだと私は思っています。
 
これから先、スキルアップのためや外部オファーがある限り、出来れば何度も転職を繰り返したくはありませんよね。
 
やりがいはあった方がいいのかもしれませんが、職場の雰囲気や福利厚生が整っていて、お給料や賞与もきちんともらえて、何よりも心が安定して働ける環境を見つける方が難しいと思うのです。
 
JAICでの転職先が見つかるまでの一連の流れは、時間がかかって少々めんどくさいと感じる方もいるかもしれませんが、会社の一員として責任のある立場でこれから長く働くことを考えたら、JAICで用意してもらえる様々な研修などの方がよっぽど気が楽だと思いませんか?
 
もちろん、用意してもらっているからと言って受け身で関わることよりも、与えられた研修と言う環境に積極的に関わって、仮にそこで失敗をしても全てが自分の経験値となり、実際に企業で働く頃にはその経験が絶対に活きてくるはずです。
 
転職活動の期間を、ただ転職先を見つけるだけに集中するのか、それとも、仕事を探しながら並行してビジネスマナーやスキルなどを習得し、入社前までに社会人としての心構えを準備をしておくのかは、どちらを選択するのは自由ではありつつも、職場の人から受ける自分の評価は自ずと変わってくるでしょう。
 
転職エージェントを選ぶ基準は、自分が希望とする仕事探しを含めて、今の自分をさらに高めるための環境が揃っている所を選択してみてはいかがでしょうか。
The following two tabs change content below.
30代アラフォー女子です。20代半ばで転職を何度か試みましたが、ネットがあまり普及されていない時代でしたので、アルバイト誌や公共機関だけの情報が頼りでとても大変でした。転職をしたくてもどうやって始めたらいいのか悩んでいる方の力になれたら嬉しいと思い、サイト「転職女子」を2018年に立ち上げました。